女性の仕事での体力の限界について

看護師は女性の仕事としてはかなり体力を必要とします。
患者の介護の際に力を使ったり、無理な姿勢を続けることで腰痛になったり、立ち仕事のために足に負担がかかり、足の痛みに悩まされることもあります。
また、夜勤などで生活リズムが乱れて体調を崩す可能性も考えられます。

腰痛の改善に関しては、まず姿勢に気をつけて特に中腰の姿勢を避けるようにすることが大切です。
腹筋や背筋をして体自体を鍛えておくことも効果的でしょう。
それでも痛みがある場合は、マッサージを受けたり病院で診察を受けることをお勧めします。
足に関しては、可能であればできるだけ立ち続けずに足を休めたり、足に合った靴を選ぶと良いでしょう。
生活リズムが乱れやすいことに関しては、普段から食生活に気をつけ、できるだけバランスのとれた食事を心がけたり、少しでも時間があるときは睡眠をとって体を休めるなど、基本的な健康法を重視してみることがおすすめです。

ただ、どちらの場合であっても頑張り過ぎずに、できれば早めに患者として病院での診察を受けるべきでしょう。
看護師の場合にはある程度体力に自信のある人が多い上に忙しい職場のため、自分の都合で休みにくいこともあり、無理をしてしまいがちです。
体力の限界を考えずに働き続けたその結果、完全に体を壊してしまい、深刻な事態に陥ってしまう可能性もあります。
自分には体力があるのだから頑張ればなんとかなる、などと安易に考えず、病気の早期発見の必要性を思い出して早めに受診することが重要です。

アクセス集中記事

カテゴリー